下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
あなたは見えますか?
0

    「ウンコ!!チ○コ!!イエーイ!!」

    って、とても楽しそうにはしゃぎながら歩いてる男の子3人組。

    「ほほぉ〜。。。いかにも小学生らしいね♪」と思いながら
    その子たちが去っていくのを見送るオレ。

    するとその後、同世代と思しき女の子3人組が

    「なんか、○○って女子力高いよね。」

    などと言いながら歩いて来るではないか!!

    なんなんだ?この差は?
    男子3人組と女子3人組の差は一体なんなんだ?

    ちなみに、この男子小学生と女子小学生は3〜4年生くらいなんだが
    男子と女子ってこれほどまでに差があるもんなのか?

    つーか、ヘタしたらその女子小学生は
    オレより精神年齢が高いんじゃないか?

    どちらかというとオレの頭ん中は男子小学生寄りだからな。
    つーか「寄り」ではなく「そのもの」だぞ。

    ほっこりするよね♪

    それよりオレは思ったね。
    「この差は一生埋まらないんだ、きっと。」って。

    埋まらないだろ?

    恐らく、あの男子3人組は一生あのまんまなんだよ。

    でも喜べ!!男子3人組!!
    そのままでいればきっとハッピーになれるぞ!!

    自分だけは。

    世間的には「。。。」な存在だとしても
    キミたちは心と言論の自由を謳歌出来るんだ!!

    オレがそうだから。
    それでハッピーだから。

    ハッピーターンだから。

    知ることで得られる幸せもあるが
    知ることで失われる幸せもあるんだぞ。

    今日の男子3人組が今のオレの歳になるまでそのままなら
    オレと同じようにズーーーッとティンカーベルが見えるはずだ。

    たいていの大人が知ることでティンカーベルが見えなくなるんだよ。

    ただ、ティンカーベルが見えなくなった大人は
    それ以外の物を多く得てるんだろうけどな。

    オレは「未だにティンカーベルが見える」ってことだけが財産だから。

    どっちが幸せか?は本人の受け止め方次第なんだが
    オレはティンカーベルでいいよ。

    金さえあれば多くの人が得られる物より
    オレはオレしか得られない物でいい。

    つーか、金で得られる程度の物じゃ
    このオレの無限の心の広がりは満たせねーから。

    オレの心の闇は無限だぜ!!

    まぁ、金で宇宙には行けても、金じゃ宇宙は満たせないってことだ。
    そういうことだ。

    オレの小宇宙は今日も広がり続けてるぜ!!

    とりあえず、早く風呂に入らないとワイフに叱られるから
    ちゃっちゃと風呂に入ってくるぜ!!

    「叱られたくないからやる。」

    まるで小学生だな♪


    ヒロPOM

    - | 23:32 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    自己完結
    0

      そういやオレはワイフから
      「ホント、ヒロPOMはよく自分で自分のこと褒めるよね。」
      って言われるんだけど、みんなは自分で自分を褒めないの?

      どうなの?
      褒めないの?
      褒めりゃイイじゃん?

      オレなんか基本褒めるとこしかない妖精だから
      それこそ毎日自分のこと褒めてるぜ。

      「誰からも褒められない。」って言うんだったら
      自分で自分を褒めりゃイイじゃん?

      「誰からも」って言うけど、「自分」でも褒めてねーんだろ?

      オレなんか誰からも(他人から)褒められないけど
      自分で褒めてっから、良くワカんねーけど常にハッピーだぞ。

      「愛される」ってのも同じな。

      「誰からも愛されない」って言うけど
      それはきっと自分でも愛してねーんだよ。

      オレは誰よりも自分を愛してっから
      例え誰かから愛されても「オレ自身の愛以下だな」って思ってっから。

      だからワイフがオレを愛してるとしても
      順番で言うとオレの次にオレを愛してるってことだ。

      「褒められる」ってことに話を戻すが
      なにかを頑張った結果を褒められたいワケだろ?

      でも「頑張る」って結局、自分の為じゃん?

      自分の為なんだから他人に褒めてもらわなくていいよ、オレは。

      なにかを頑張った結果、自分が成長する。
      たとえ「誰かの為」頑張ったとしても、それで自分も成長する。
      経験は生きる糧だからな。
      で、その成長した自分を自分で褒める。

      それを繰り返すとオレみたいになる。

      そして、こんな素敵な記事を書いてる自分を
      今、スゲー褒めてんだよ。

      だからみんなもオレを褒めろ!!

      って。。。あ♪「褒め」を強要しちゃった♪

      そういう言ってる事とやってる事が違う
      そんな可愛い自分をまた褒めてあげたくなっちゃった♪

      つーか、もうこんな時間じゃないか!!

      こんな下らない記事で睡眠時間を削るなんて
      まったく褒められたもんじゃないね。


      ヒロPOM

      - | 01:21 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      簡単だろ?
      0

        あ、更新が滞ってる。

        じゃあ、更新回数稼ぎに今日仕事中に思いついた
        スゲー下らないなぞなぞを出題しよう。
        正直、小学生でも考えない様な下らないなぞなぞだぞ。

        「青三」

        さて?誰でしょうか?

        ヒントはかつてブームを起こした映画俳優です。

        どうしてもワカらない人のために
        次回の記事のコメント欄で正解を発表します。

        まったくコメントが入らないので
        自分でコメント欄を活用することにします。

        賑やかしくします!!


        ヒロPOM

        - | 00:57 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        日本の四季
        0

          いやいや、今日も酷く暑かったな。
          つーか、身体がまだ暑さに慣れてねーから
          軽く熱中症っぽくなったぞ。
          マジで今日はヤバかった!!

          まだ月曜なのに、もう1週間働いたくらい疲れた!!

          で。

          毎年毎年「今年の暑さは異常です。」みたいなことを
          TVショーとかで言ってっけど
          毎年毎年そう言ってんだから、それはもう「異常」ではなく
          「平常」なんじゃねーか?

          もう、日本はこの暑さが「平常」なんだよ。

          間違いねーよ。

          確かに先日の北海道の暑さは観測史上最高気温だったみたいだが
          恐らく、これからは「それ」が平常になってくんだよ。

          間違いねーよ。

          豪雪、空梅雨、酷暑、味覚の秋。。。。。
          日本はもうそういう「四季」になってんだよ。

          間違いねーよ。

          つーか、4つの季節の内3つの季節は「死季」なんだよ。
          「一幸季三死季」だ。

          間違いねーよ。

          プチ情報だが、オレは味覚の秋が好きなんだぜ。。。。。

          まぁ、明日以後はいくらか気温が下がるらしいから
          今はその予報だけを心の拠り所に生きております。

          疲れたから今日はこの辺にしとくわ。

          じゃーな。


          疲労POM

          - | 22:20 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          くれぐれも、な。
          0

            そうそう、木曜の話なんだけど
            「あわや大惨事」ってことがあってな。

            仕事で車に乗ってたんだが
            オレの前に建築資材を載せたトラックが走ってたのな。

            で。

            建築資材はみっちみちに積まれてたワケではなく
            スカスカの状態で荷台に積まれてたんだよ。

            しかも、資材が後ろにハミ出す状態で詰まれてたから
            その時点で「イヤだな。」と思って車間距離をとってたんだけど
            予感的中!!

            信号待ちから走り出し、暫く走った後
            荷台から資材が落下してきやがった!!

            もし、車間距離を保ってなかったら
            確実に建築資材がオレの車に直撃してたぞ!!

            とりあえず、オレは車間距離をとってたから
            急制動しつつ、落下物を回避出来たんだが
            その行動がとれたのは、普段から「予測運転」をしてるからだ。

            これ、ホント重要な。

            まず、オレの前を走ってたトラックは
            後方に建築資材をハミ出させたまま走行してたワケだ。

            そして、オレの後ろを走ってたのは大型トラック。

            この状況で信号が赤になって止まるとするだろ?

            もし?車間距離をとらず停止して
            後ろの大型トラックがちゃんと停止せず、オレの車にカマ掘りした場合
            前のトラックからハミ出た資材がオレの車に突き刺さる可能性があるワケだ。

            場合によっては、オレは即死だ。

            また、車間距離をとらず走行してて
            前のトラックがなんらかの理由で急停車して
            オレのブレーキが間に合わなければ、やはり即死の可能性がある。

            そして、今回の様に資材が落下した場合
            車間距離をとってなければ、落下した資材が直撃したり
            直撃しないまでも避けきれず、資材に乗り上げて横転する可能性がある。

            そういうことを予測して、通常の車間距離以上に離れて走ったワケだ。

            結果、事故に至らなかったということな。

            また、後方車両が事故にならない様
            資材が落下したと同時にハザードを出し、クラクションで警告し
            後方車両に知らせたからな。

            これも重要。

            自分で言うのもなんだが、ある程度理想的な対応をしたと思うぞ。

            で、オレの目的地はその現場から50mほど先の場所だったから
            目的地でエッサホイサとやってたら
            資材を落下させたトラックの運転手がやって来て平謝り。

            まぁ、当たり前だ。

            ぼんやり運転してる人だったら事故になってたかも知れねーからな。

            で、オレは言ってやったね。
            「謝罪はいいから早く戻って絶対落下しないように資材をキッチリ縛れ!!」って。

            いやマジで、あれ一歩間違えたら多重事故になってると思うぞ。
            しかも、最悪「死亡事故」もあり得た状況だよ。

            「ながら運転」て言うが、本来「ながら運転」は、常に状況を確認し「ながら」
            そして、その状況から起こり得ることを予測し「ながら」の「ながら」
            であるべきだとオレは思うぞ。

            そして何度もここで書いてるが
            「早く着くこと」ではなく「確実に着くこと」を心掛けて運転することが大事だ。

            そうすれば、自ずと心に余裕が生まれるから。

            だいたい、車にせよバイクにせよスピードなんか簡単に出るんだよ。
            それは「運転技術」じゃなくて、単に「車の性能」だからな。

            これも何度か書いてると思うんだが「運転が上手い」ってのは
            速く走ることじゃなく、同乗者や周囲の車や歩行者に
            「危ない」って思われない運転なんだよ。

            それが「運転が上手い」な。

            もし、この前の木曜にオレが「危ない」って思われる様な運転をしてたら
            オレはこうやってブログの更新なんかしてらんなかったかも知れないし。

            今回は説教じみた内容になったが
            ホント、車やバイクに乗る人は事故は「1回」が「一生」になることもあるから
            くれぐれも、今回の記事を噛みしめて読んでくれたまへ。


            ヒロPOM

            - | 01:42 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            好きじゃない
            0

              そういや「下り坂の啓示」は丸7年を経過し
              現在8年目に突乳。。。突入してんだぜ!!
              更新回数は今回を含め、実に2509回!!

              こんな面白いブログを無料で読み放題!!
              みんな、良い時代に生まれたな!!

              あ、自分で「面白いブログ」って言っちゃった♪

              でも、実際面白いじゃない?
              下り坂の啓示って。

              ちょっと「校正のつもり」で読み始めたら
              早く寝なきゃならんのに、面白くてついつい読み続けちゃうんだよ。

              自分で書いたのに。

              そんな姿を見てワイフがいつもこう言うんだよ。
              「ホント、自分が好きだよね。」って。

              いや、誤解すんなよ。
              オレは自分が「好き」なんじゃなくて「大好き」なんだよ。

              「魅力」が人の皮を被った男の中の男の中の男の中野だよ?オレは。

              最終的に中野だよ?オレは。

              そりゃ「好き」じゃなくて「大好き」に決まってんじゃん。
              「中野だから大好き」って理屈が理解出来ないけどな。

              とにかく、これからも面白いブログをみんなに読ませてやんよ。
              それも「無料」でな。

              失禁大サービスだ!!

              間違えた!!

              出血大サービスだ!!

              つーことで、8年目に突乳。。。突入しましたが
              これからも末永く「下り坂の啓示」を宜しくお願いします♪


              ヒロPOM

              - | 23:50 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              茹でポテ
              0

                Aくん「コイツ(Dくん)は今日から『茹でたジャガイモ』な。」
                   「あだ名は茹でたジャガイモ!!」

                Bくん「そうだ!!茹でたジャガイモだ!!」

                Cくん「違うよ!!狂ったポテトだよ!!」

                Dくん「やめろよ!!そんなんじゃねーよ!!」


                どういう経緯だよ?
                いや、きっと大した理由なんかねーんだよ。

                Dくんが「茹でたジャガイモ」だの「狂ったポテト」だの
                変なあだ名を付けられたのなんて。

                小学生が付けるあだ名なんて大した理由なんかねーんだよ。
                実際、オレが小学生だった頃だって
                あだ名を付けるのに大した理由なんか無かったからな。

                例えば、Dくんが「茹でたジャガイモ」だの「狂ったポテト」だの
                そんなあだ名を付けられたのも
                せいぜい、給食ん時に休んだ子の分までジャガイモを喰ったとか
                そんな理由しかないと思うんだよね。

                それをちょっと美味しそうに食べたら
                「コイツ、スゲー美味そうにジャガイモ喰ってるよ!!」とか
                そんな感じで冷やかして、あだ名を付けてんだよ。

                実際、どういう経緯なのかは知らんが
                きっと、その程度の理由だと思うんだよね。

                仮に、小学校ん時にオレの周りに
                「茹でたジャガイモ」だの「狂ったポテト」だのって
                あだ名を付けられた子がいたら
                最終的には「茹でポテ」ってあだ名になってたと思うぞ。

                こどもは悪意なく、そういうあだ名を付けるからな。
                オレは今でも悪意なく、そういうあだ名を付けるからな。

                ちなみに、その小学生たちは仲が良さそうだったから
                こうやって記事にしてるワケだ。

                当たり前だろ?

                見るからに「イジメ」とワカる状況だったら
                こんな風に記事にしてねーよ。

                イジメを冷やかして記事にするほどオレは落ちぶれてねーよ!!

                「あだ名」=「イジメ」じゃねーからな。

                オレ自身、ワイフに変なあだ名付けて呼んでっけど
                別にイジメじゃねーし。

                だいたいやりとりを見てりゃ、それがイジメなのかどうなのか?
                そのくらいは見極める目は持ってんだよ、オレは。

                そこいらの大人よりは遥かにこどもの気持ちが理解出来る!!
                つーか、ズーーーッとこどもの気持ちのまま生きてきた!!

                だから「理解出来る」じゃなくて「現役」なんだよ!!

                自慢じゃないが、自慢だ!!

                しかし「茹でたジャガイモ」とか「狂ったポテト」とか
                安易でつまらんあだ名なのに、なんで面白いんだろう?

                大人と違って「狙い」が無ぇ〜からか?

                とにかく、こどもの会話は聞き耳立てて聞いてると面白いんだよ♪
                混ぜてもらいてぇ〜くらいだよ♪

                まぁ、敢えて小学生に混ぜてもらわなくても
                職場で小学生と大して変わらん会話をしてっからいいんだけどね♪

                そういう毎日を過ごしております♪


                ヒロPOM

                - | 23:31 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                苦言を呈する
                0

                  「ぼく、マジックが得意なんですよ。」
                  「誰か輪ゴム持ってませんか?」

                  と言うと、誰かが輪ゴムを手渡したらしく
                  その後、渡された輪ゴムを使ってマジックを始めたのな。

                  で。

                  マジックを見た周囲の人たちは一様に

                  「うわぁ〜!!なに?今の!!」とか
                  「凄い!!えっ!?なんで!?」とか

                  驚いてるワケさ。

                  まぁ「マジック」っていうんだから
                  皆がワカらんように、なんかやったんだろうな。


                  続いて別の日。


                  「じゃあ、これから吹き方をお教えします。」
                  「まず、唇はこんな感じにしてください。」
                  「そう。そんな感じです。」
                  「では、その状態を保って、これくらいの角度で吹いてみてください。」

                  というと、周囲の人たちは言われた通りに吹いたんだろうな?
                  一斉に「プピャァ〜〜〜」って気味の悪い不協和音が鳴り響いたから。

                  ひとしきり不協和音を鳴り響かせた後
                  「ホントだぁ♪音が出た〜♪」って喜んでんだよ。

                  良かったな。

                  でも、ひとつ言わせてもらうぞ。

                  ラジオでそんなことやられても、ちっともワカんねーよ!!!!

                  ラジオでマジックとかやってんじゃねーよ!!
                  ラジオで草笛とか吹いてんじゃねーよ!!

                  ワカんねーよ!!

                  楽しいのはスタジオん中だけだよ!!

                  って感じ♪

                  とにかく、あれだ。

                  ラジオは「聴覚」でしか楽しめないんだから
                  「視覚」に頼るもんなんかやるなよ。

                  少し考えれば「ラジオ向きではない」ってワカるだろ?

                  輪ゴムでどんなことをやったのかなんてラジオでワカるか!!
                  口をどんな形にして、どんな風に吹いたかなんてラジオでワカるか!!

                  って思ったんだが、ラジオでそういうことをしてくれたお陰で
                  ひとつ記事が書けたから結果オーライ♪

                  どんなことでも記事に出来る。
                  これがオレのマジックさ♪

                  ブログでマジックを成立させることが出来るのは
                  世界広しといえど、このオレ。。。オレ様くらいなもんだぜ。。。。。

                  まぁ、ブログで草笛を吹いてみせるのは難しいが
                  ホラだったら簡単に吹けるぜ。。。。。

                  ホラだったらな。。。。。

                  あ、でも今回紹介した2つのエピソードはホラじゃねーぞ。
                  ホランでもねーぞ。

                  つーか、この話をこれ以上引っ張るのは少々疲れるから
                  今日はこの辺にしとくな。

                  じゃーーーーな♪


                  ヒロPOM

                  - | 22:57 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  SK兇世
                  0

                    なにごとも「ほどほど」にしねーとな。
                    もうSK兇世茵

                    マジでちょっとやり過ぎた。
                    にしても、ここまでSK兇砲覆襪箸六廚錣覆ったよ。

                    あ?SK兇辰討覆法って??
                    SK兇ワカんないの?

                    オレだよ?
                    オレがSK兇辰討い辰燭

                    「SUGOI KINNIKU 供

                    に決まってんだろ!!
                    上腕三頭筋がスゲー筋肉痛でパンパンなんだよ!!

                    しかし、トレーニングした翌日に筋肉痛になるんだから
                    まだまだオレの筋肉は生きてるね。

                    やったね♪

                    実は、また少しハードなトレーニングをすることにしたんだが
                    暫く筋肉に刺激を与えてなかったのに、いきなりハードにやったもんで
                    腕がもうヤバイことになっちゃってんだよ。

                    昨日、一昨日と腕立てをやったんだが
                    丸々1曲歌を歌いながら腕立てをやったんだよ。

                    「音楽を聴きながら」ではなく「歌を歌いながら」
                    腕立てをやるんだよ。

                    結構キツイぞ。

                    1曲だいたい4〜5分で、その間腕立てをやるんだぞ。
                    しかも、歌をちゃんと歌ってな。

                    結構キツイぞ。

                    で、このトレーニングの効果は?

                    まず、腕、おっぱい、腹筋が発達するだろ?
                    で、腕立てしながら歌えるんだから
                    ライブでどれだけ動いて歌ってもちゃんと歌えるだろ?

                    ナイスバディを作りながら、歌のトレーニングにもなる。
                    一石二鳥じゃないか♪

                    にしても、ちょっと「怪我した」っつーくらい腕が痛い。。。。。
                    なんで?オレはいつもこんなになるまでやっちまうんだ。。。。。

                    そ・れ・は。。。。。バカだからぁ〜〜♪

                    とりあえず、今日はトレーニングは休むことにしよう。
                    つーか、やりたくても出来ないくらい腕が痛い。。。。。

                    つーことで、風呂に入って傷んだ筋肉を癒してくる。


                    ヒロPOM

                    - | 20:23 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    美しい話(野村麻純編)
                    0

                      前回「美しい話」を書く難しさを説明したが
                      折角だから、オレが「美しい」と思ったブログを紹介しよう♪

                      4月7日の記事でも書いたが「野村麻純」ていう女優の子のブログで
                      そりゃもう美しいブログなんだよ。

                      通称「ノムブロ」と言うらしいぞ。
                      よくワカんねーけど、そうらしい。

                      で、そのブログなんだが

                      まず、写真が美しい。
                      そして、文章が面白い。
                      なにより、見た目が可愛い。

                      という、3拍子揃ったブログだ。
                      是非とも見てやってくれ。

                      オレの活字だけで口汚く、更に内容も汚いという3拍子とは違うんだよ。
                      ノムブロは。

                      オレは元々「アート」というものに疎かったんだが
                      ワイフが美術系の女だから、気付いたらそこそこ詳しくなっててな。

                      で、ノムノムがアートを紹介する番組に出てて
                      それを観てるうちに、オレはノムノムにチムチムしちゃったんだよ。

                      あ、野村麻純は「ノムちゃん」から「ノムノム」に昇格したから。
                      4月7日時点では「ノムちゃん」だったが、現在は「ノムノム」だから。

                      異例の早さで出世だぜ!!

                      まぁ、それくらいノムノムにチムチムしてんだよ、オレは。

                      野村麻純!!野村麻純!!野村麻純!!野村麻純!!
                      野村麻純!!野村麻純!!野村麻純!!野村麻純!!
                      チムチム!!チムチム!!チムチム!!チムチム!!
                      チムチム!!チムチム!!チムチム!!チムチム!!

                      こんな感じだ。

                      とにかく、オレがノムノムをチムチムしてんだから
                      みんなもノムノムをチムチムしてやってくれ。

                      頼んだぜ!!


                      ヒロPOM

                      - | 01:01 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |