下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< 景色は「心」で | TOP | 1コ前シリーズ >>
みなみちずみ。
0

    1コ前の記事を読んだワイフが
    「なんか私が凄い南千住をディスってるみたいじゃん。」て言うんだけど
    オレは決してワイフが南千住をディスってるとは思わないんだよ。

    ワイフはオレも南千住を「ディスってる」って言うんだが
    オレ自身、南千住をディスってるつもりは更々ないし。

    全然ディスってないし。
    ただ「事実」を言ってるだけだし。

    オレは良く「スゲー嬉しそうにディスる」とか
    「スゲー嬉しそうに悪口を言う」とか言われんだけど
    みんな勘違いしてんだよ。

    オレはディスってねーし、悪口も言ってねぇ。

    ただただ「事実」を言ってるだけだ。

    そう言うとワイフは「敢えて事実を言う必要もない。」って言うんだが
    だったら「敢えて黙ってる必要もない」だろ?

    つーか、友人や同僚がチャックを開けっ放しにしてて
    それに気づいてんのに教えてあげないの?

    「恥ずかしい事実」だとしても教えてあげるもんだろ?
    そのまま恥をかかせ続けたりしないだろ?

    ただ、指摘されれば相手もちょっと恥ずかしいだろうから
    そこはユーモアを交えて教えてあげるんじゃん。

    恥ずかしいことも笑い話にしちゃえば
    恥ずかしさも半減するだろ?

    たとえ恥ずかしいことだろうが、受け入れ難いことだろうが
    それが「事実」なんだよ。

    だったら笑い飛ばしてやればいいじゃない?

    大抵の人が見て見ぬふりをするようなことも
    オレは笑い飛ばしてやるんだよ。

    「たいしたことないよ」って。

    確かに「触れられたくない」ってことは
    触れないであげればお互い楽だろうよ。

    ただ、ズーーーーッとそのままでいるの?
    それって、単に問題を先送りにしてるだけなんじゃねーの?

    つーか、先送りなら良いが
    問題が解決しないってことだってあるだろ?

    先日書いたが、オレはオレがハッピーでいるために
    周りもハッピーじゃねーと困るんだよ。

    悩んでる人や困ってる人がいたら、解決する必要があんだよ。

    オレのために。

    ただ、大概が物理的に解決すんのが難しかったりするから
    そしたら「精神的」に解決するしかないだろ?

    じゃあ、どうするかって?

    悩んでることや困ってることが「たいしたことない」って思えるよう
    オレが言いくるめるワケだ。

    「理屈」と「屁理屈」、「真剣さ」と「ユーモア」
    そういうものを織り交ぜながらな。

    で、そういう話をする取っ掛かりとして
    まず「ストレート」に言ってしまうんだよ。

    言われたくないであろうことを。

    で、ストレートに言うと「酷い」って言われんだが
    だとしたら?

    それは「オレが言ったこと」が酷いんじゃなくて
    「現実」が酷いってことだろ?

    オレが酷いことを言ったんじゃなく
    「酷い」と感じる現実がそこにあるってことだ。

    そう!!現実は残酷だ!!

    が、それは「ものの見方によって」の話だ。

    で、オレはその「ものの見方」を変える話をすんだよ。

    相手が「悩んでたのが」とか「気にしてたのが」とか
    そういうのが「バカバカしい」と思えるようになるまで
    酷く楽しく頼もしく話をすんだよ。

    それで今まで何人の迷える者たちを救ったことか。。。。。

    オレ、口が悪いのに意外と感謝されてたりすんだぜ。。。。。

    そういうワケで、オレは決してディスってるワケでも
    悪口を言ってるワケでもねーってことだ。

    ただ、人が気に病んでる現実を面白おかしく話してるだけだ♪

    笑い飛ばせるようになって、初めてその残酷な現実が
    残酷じゃなくなるんだよ。

    オレはそう思うよ。

    何度も死にかけたり、人生を飛ばしかけたオレが言うんだから
    間違いないと思うぞ。

    で、オレにとって南千住は友人であり、同僚であり、恋人だから
    現実を言ってやったんだよ。

    あとは南千住自身がオレの言ったことを笑い飛ばせるようになるか?
    今ある自分を受け入れて、次のステップに進めるか?

    オレは彼女が「素敵なレディ」になれるまで見守るぜ。。。。。

    そんなオレと彼女をみんなが見守ってくれ。。。。。

    頼んだぜ!!


    ヒロPOM

    - | 01:27 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | - | - |
    コメント
    コメントする