下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< 年は越せたか? | TOP | どうやり過ごす >>
スヌーピーの耳
0

    やっぱ年越しは「下り坂の啓示」だよなぁ〜♪

    だいたいTVとか、ちっとも面白くないし
    そういうことを抜きに、下り坂の啓示は面白いし♪

    下り坂の啓示は面白いし♪

    前回の記事を更新してからズーーーっと過去の記事を読んでたんだが
    もう。。。なんなんだよ。。。。。

    面白くて止まんねーんだよ!!

    「それらしい話」ってタイトルの記事を19年の2月に書いたんだが
    改めて読んでみて「ホントにそうだなぁ〜。。。」ってつくづく思ったし。

    しかも、「それらしい話」はあまりにも長い記事なんで
    7回に分けてアップしたんだが、実際は1回で書ききってるからな。

    オレの文章力よ。。。。。

    ワイフに「ホント、よく書くことがあるね。」って言われるんだが
    「書くことがある」っつーか「自動書記」だから、オレは。

    目に映るものすべてが文章になる♪

     

    おやじの顔した犬がトコトコ歩いてくる
    トコトコトコトコ歩いてくる

    わたしは気にすることもなく歩き続ける

    おやじの顔した犬がトコトコ歩いてゆく
    トコトコトコトコ歩いてゆく

     

    上の詩は中学ん時に授業で書いた詩で、なんか賞を貰ったんだけど
    この詩を書いた経緯は誰も知らない。。。。。

    先生に「凄く良い」って褒められたんだけど
    この詩を書いた経緯は誰も知らない。。。。。

    誰も知らない。。。。。

    いやね。

    授業で詩を書くことになったんだが
    別に書くこともねーし「どうすっかな?」って思ってたところ
    オレの前の席の女子の髪型が「スヌーピーの耳」に見えたんだよ。

    で、その女子の顔がなんとなく「おやじ」っぽかったから
    「もし?この女子が犬として歩いてきたら面白いな♪」と思って
    それを詩にしたんだよ。

    そしたら、なんか賞を貰ったんだよ。

    書いた経緯は決して褒められたもんじゃねーんだけどな。
    人を犬扱いしてんだから。

    まぁ、当時から目に映るものを適当に文章にするってことはしてたんだよ。

    ただ、オレ以外の人の目には「普通の女子」にしか映らないものも
    オレの目には「おやじの顔した犬」に映るってことだ。

    そういうことだ。

    で、こんなことでも記事になる。

    オレの文章力よ。。。。。

    つーか、流石に眠くなってきたから寝るな。
    タップリ寝初めてやるぜ!!

    じゃーな♪


    ヒロPOM

    - | 02:35 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | - | - |
    コメント
    コメントする