下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< 宜しく頼んだぜ | TOP | 読解力のその先 >>
耳には届かない
0

    ブクブクブクブク。。。

    夜が明ける前。
    夜が明ける、ほんの少し前。

    汚泥の中からブクブクブクブク音を立てて現れる。

    両の腕を「キュッ」っと肩口に引き寄せ
    「ゔえ〜」と鳴く、おぞましくも悲しい生物。

    「恨み」とも「悲しみ」とも取れるその声は
    静寂の森に溶け込み、決して人の耳には届かない。

    一声上げた後、ブクブクブクブク音を立て
    再び汚泥の中に消えてゆく、哀れな生物。

    それが「汚物怪獣ペチャゴン」だ。

    という設定でワイフにやってもらうんだよ。
    汚物怪獣ペチャゴンを。

    それが今の「オレのマイブーム」だ。

    元々は「DEATH沢田」から派生したもんなんだけど
    今は完全に独立した存在になったから。

    汚物怪獣ペチャゴンは。

    あ?そもそも「DEATH沢田」がワカんねーって?

    「DEATH沢田」っつったら、ワイフがやる
    「沢田研二」のモノマネに決まってんだろ!!

    ワイフがやる沢田研二のモノマネが
    なんとなく「生きてない人」っぽいから「DEATH沢田」って呼んでんだよ。

    それはそれで面白いんだけど
    なんつーか「DEATH沢田」には物語がないんだよ。

    その点、汚物怪獣ペチャゴンは物語があるから。

    「物語がある」っていっても
    オレが勝手にワイフの姿を見て紡いだだけなんだけどな。

    でも、そういう物語を紡ぎたくなるくらい
    ワイフの姿が面白いんだよ♪

    はぁ〜。。。。。

    みんなにも、オレが考えた汚物怪獣ペチャゴンの設定を知った上で
    ワイフのペチャゴンを見てもらいてぇ〜なぁ〜。。。。。

    面白いから♪

    つーことで、寝る前にもう1回ワイフにペチャゴンをやってもらおっと♪

    寝る直前まで楽しいなぁ〜♪


    ヒロPOM

    - | 01:45 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック