下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< 松浦景子の動画 | TOP | 試してみたまへ >>
背中で語りたい
0

    「男は背中で語るもんだ」って思ったね。

    いやね、今日の昼のことなんだが
    階段を上る時、ワイフがオレの前を歩いてたのな。

    で。

    ワイフの背中とケツを見ながら思ったんだよ。
    「これは違うな。」って。

    オレは男だ。
    男の中だ。

    そんな「男の中のオレの男の中」の背中をワイフが見るべきなんだよ。
    オレがワイフの前を歩いて、背中で語るべきだったんだよ。

    そう思ったからワイフに
    「あー。。。お前がオレの後ろを歩けば良かったのに。」って言ったんだよ。

    背中で語りたいオレがそう言ったら、ワイフはなんて言ったと思う?
    なんて言ったと思う?

    もうね。。。。。「冗談じゃねーよ!!」ってことを言いやがったんだよ!!

    「どうせあれでしょ。オナラかけたいだけでしょ。」って言いやがったんだよ!!

    言いやがりやがったんだよ!!

    冗談じゃねーよ!!
    オレは背中で語りたいだけなんだよ!!

    語ってる最中にオナラが出しゃばってくることもあるかも知れんが
    基本的には「背中で語りたい」だけなんだよ!!

    ワイフの言い草だと「オナラがしたいだけ」みてーじゃねーか!!

    ワイフはそんな目でオレを見てんだ。。。。。合ってっけど。。。

    合ってっけど癪に障るじゃない?
    だってオレは一言も「オナラ」なんて言ってねーんだから。

    勝手に日頃の行いで「オナラ」とか言ってんじゃねーよ。
    合ってっから返す言葉は無ぇ〜んだけど。

    あー。。。。。背中で語りてぇっ!!

    そんで、ワイフに「臭い!!」って言わせてぇっ!!

    つーことで、明日はワイフに背中で語ります。
    約束します!!


    ヒロPOM

    - | 23:48 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://dondon.qudalizaka.com/trackback/2650
    トラックバック