下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< ここが気になる | TOP | どういう親父に >>
貰い損ねるぞ♪
0

    今日は姉貴と姉貴んとこの子供がウチに来たんだけど
    甥っ子の長男の方が中学で生徒会長をやってるって話を聞いてな。

    で。

    オレも高校時代に生徒会長をやってたし
    今観てる「星合の空」ってアニメで生徒会が出てたから
    丁度いいし、甥っ子に「生徒会長の心得」を教えてやったよ。

    まぁ「心得」っていっても、オレが生徒会長をやってる時に
    「どんなことをしてたか」を話しただけなんだけどね。

    まず、年度の初めに「生徒大会」といって
    体育館に全教員、全生徒が集まって
    「今年度の予定」や「今年度の部費の割り当て」等々
    生徒会長が壇上で説明すんのね。

    説明するにあたり、教員、生徒全員にプリントを配って話を進めるんだが
    全員にプリントが行き渡ったのを確認した後、説明を始めたのな。

    で、一通り説明が終わった後「質疑応答」の時間があって
    オレは説明を終えた後「質問等ある方は挙手してください。」って言ったんだが
    まぁ、誰も挙手なんかしないワケだ。

    生徒だけならまだしも、教師すら挙手しないんだよ。

    てことは、要するに誰も「プリントを見てない」ってことだ。
    だって、プリントを見たら絶対「挙手」するハズだから。

    何故なら?

    オレは自分が所属する同好会だけ「1,000,000」にして
    それ以外の部は「0」にしたプリントを配ったんだからな。

    部費って100万が年間の予算で
    それを部員数や活動内容に応じて分配すんだけど
    オレはその100万を全部、オレが所属する同好会の予算に充てたんだよ。

    オレが所属してた同好会の会長が
    当時、日本に3台しかないトレーニングマシーンが欲しいって言うから。

    そのマシーンが97万だったんだよ。
    それを「欲しい」って言うんだよ、会長が。

    だから試しに生徒大会で全教員と全生徒に確認したんだよ。
    「我が同好会に年間の部費を全部くれるか?」って。

    そしたら、満場一致で可決したんだよ。

    後になって、多くの部から苦情が来たし
    教師からも「どうなってんだ?」って言われたんだが
    経緯を説明したら、その後誰も文句を言いに来なかったから♪

    そりゃ、誰ひとり文句は言えねーだろ?
    年度の初めに全教師及び、全校生徒にプリントを配って説明してんだよ?

    その上で質疑応答の時間を設けてんのに、誰もなにも言わなかったんだから。

    別にオレは「ダマした」ワケじゃねーし
    それどころか「説明した通り」にしただけだしぃ〜♪

    有言実行!!

    つーかね。

    オレは生徒会長になる前年から、この計画を練ってたんだよ。

    生徒会長になる前年、1年生の時
    オレは「いち生徒」として「聞く側」で生徒大会に臨んでたんだよ。

    つーか、生徒会長以外は全員「聞く側」として参加すんだけどね。

    で。

    1年生の時の生徒大会でも同様にプリントを配り
    生徒会長が説明をし、質疑応答という流れだったんだが
    オレはその様子を見てて
    「誰も聞いてねーし、興味ねーんだな。」って思ったんだよ。

    それこそ「部費は当然、毎年ちゃんと分配される」と思ってるワケだ。

    教師にしても、その流れに慣れちゃってて
    プリントなぞちゃんと見てねーんだよ。

    こんな「形式だけ」の生徒大会なんか、なんの意味もねーし
    わざわざ体育館に全教師、全生徒が集まってやる意味もねーし
    そう思ってたから、オレが生徒会長になった暁には
    「意味のある生徒大会をやろう」って思ってたんだよ。

    で、オレはなったんだよ。
    生徒会長に。

    そして「意味のある生徒大会」をやったんだよ♪

    「配られたものはちゃんと目を通す」ことと
    わざわざやってんだから「ちゃんと参加する」こと。
    更に「なんでも当たり前と思うな」ってこと。

    こういうことを今一度考える「チャンス」をオレは与えてやったんだよ。
    部費は与えなかったが「もっと大切なこと」を与えてやったんだよ。

    ホント、文句を言うどころか感謝してもらいたいくらいだよ。

    まぁ、同好会の会長はスゲー感謝してくれたけどね♪

    と、そんな話を甥っ子にしてやったんだけど
    話を聞いてたのは次男坊の方で
    生徒会長をやってる長男は寝てて聞いてなかったんだけどな。

    それ以外にも「オレ都合」で校則を変えてしまったり
    その他諸々、生徒会長の「権力」を存分に楽しんでやったさ♪

    つーかね、オレが生徒大会で皆に与えた「大切なこと」って
    別に「学生時代」に限らず、社会人になってからも大切なことだから。

    ホント、みんなも気をつけろよ。
    世の中にはオレと違って「本当に悪いヤツ」がいるからな。

    大切なのは多くの情報を集め、精査し「考えること」だ。

    そこを怠ると部費を貰い損ねるぞ♪


    ヒロPOM

    - | 00:06 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://dondon.qudalizaka.com/trackback/2639
    トラックバック