下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< どうなの!!! | TOP | 残酷な仕打ちだ >>
思いついた!!
0

    ワカった!!
    思いついた!!

    東京でマラソンと競歩をやる方法を思いついた!!
    実に簡単な方法で開催出来るぞ!!

    未来型オリンピックの提案だ!!

    で?どうやんの?って??

    簡単だよ♪
    「ルームランナー」でやればイイんだよ♪

    これなら東京で開催出来んじゃん?

    選手の前にはモニターがあって
    本来、走るはずだったコースが映し出されるんだよ。

    で。

    実際のコースと同様、上り坂や下り坂は実際のコースと同じ勾配になるよう
    ルームランナーが動くって寸法さ。

    更に。

    モニターには現在の自分の順位や、前の走者と後ろの走者との距離
    また、トップとの差や1分あたりのペース等々、情報が出る。

    要するに「VRマラソン」「VR競歩」ってことだ。

    更に更に。

    客席側には大型モニターがあって、実際に走ってる選手とは別に
    過去、最高タイムを出した選手も一緒に走ってる映像が映し出されたり
    「ウォーリーを探せ」みたいに、なんか著名人とかが走ってて
    それを探すという遊び心があったり。

    「VRならでは」の演出をするんだよ。

    つーか、いろんな演出がねぇ〜と
    ただただ、選手が横並びでルームランナーを走ってるだけなんだぞ?

    それじゃ面白くねーだろ?

    あと「選手目線」としては、事前にアンケートをとり
    選手の好きな曲を順番で流すとかな。

    「これ聴くとテンション上がるんスよぉ〜♪」って曲な。

    出来たら、実際に歌ってるアーティストを呼んで
    「ライブ&ラン」て感じにしたら良いんじゃね?

    オリンピックってビジネスなんだろ?
    だったら、開き直って「ショービジネス」にしちゃえよ。

    「スポーツの祭典」とか「平和の祭典」とか、聞こえのいいこと言ってっけど
    ドロッドロじゃねーか?

    もちろん、選手は純粋に競技に取り組んでんだけど
    そういうのをブチ壊すくらい闇が露呈し過ぎなんだよ。

    オリンピックが慈善事業じゃねーことくらいワカってるし
    だったらいっそ開き直って「ビジネス」として
    節操なくいろんなもんをぶっ込んじゃえばいいんだよ。

    いいんだよぉ〜♪

    話を戻すが、ルームランナーだったら道路封鎖や警備に人を割く必要もねーし
    選手も「適切な環境」で走れるし
    今後、どれだけ温暖化が進もうと関係ねーし。

    なにしろ屋内で出来るからな。

    つーか、他の競技もVRや、その他の技術を使えば
    全部、屋内且つ小規模で開催出来るんじゃね?

    ハンマー投げだって、特殊な壁や速度、角度を計算出来るカメラがあれば
    小規模でも出来るし。

    選手の前には低反発ウレタンの付いた壁があって
    その壁にフィールドが映し出される。

    で、選手はその壁に向かって砲丸を投げる。

    その際、カメラによって速度、角度、方向を計測し
    正確な飛距離を割り出す。

    ハンマー投げでもやり投げでも出来るぞ。

    スプリント競技はマラソン、競歩同様
    ルームランナーでやればいいんだよ。

    100m走とかは
    選手と一緒にチーターやバイクや尾木ママが走ってる映像が映し出されんだよ。

    モニターに。

    ちょっと「たけしのスポーツ大賞」みたいで面白いだろ?

    つーか、VRとルームランナーと低反発ウレタンと高性能カメラがあれば
    大抵の競技は屋内且つ小規模で出来るぞ。

    ちょっと大きめのラウンドワンみたいな施設でオリンピックが出来るぞ!!
    あの頃オレを熱くさせた「ハイパーオリンピック」のリアル版だ!!

    それに、これなら暑い国だろうが寒い国だろうが関係なく
    候補地として名乗りをあげられるじゃないか?

    IOCはオリンピックをやりたいんだろ?

    だったら、より多くの国が立候補出来るようにすればいいんだよ。

    これぞ正に「未来のオリンピック」だろ?

    それと「eスポーツ」ってあるけど、これがホントのeスポーツじゃね?

    あー。。。。。盗まれんな。
    このアイデアは盗まれんな。

    IOCに。

    もし盗んだら、タカろ。
    「オレのアイデアだ!!」って言ってタカろ。

    タカるさ。
    文句ある?

    これがオレのビジネスの形だからな。
    誰にも文句は言わせねーっ!!

    あ、また興奮してきた。
    あんま興奮すっと寝られなくなるから、この辺にしとくな。

    じゃーな。


    ヒロPOM

    - | 00:11 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://dondon.qudalizaka.com/trackback/2628
    トラックバック