下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< 時間の支配者 | TOP | 海外と外国は違う!! >>
英語イコール
0

    みんなも知っての通り、オレはボーカリストなんだが
    歌うだけに止まらず、作詞作曲などもすんのな。

    素敵だろ。。。。。

    で、そんな作詞作曲もしてしまう素敵なオレが
    今日「作詞」について、ひとつ気付いたことがあってな。

    よく「日本語と英語」を混ぜた歌詞があるだろ?

    もっというと「強調したい部分」や「格好つけたい部分」の歌詞を
    あえて英語にするってヤツな。

    まぁ、英語にした方が語呂が良かったり
    日本語だと照れ臭かったりで英語にすることもあるだろう。

    要するに「英語にすると格好良くなる」ってのが根底にあるんだろうが
    いずれにしても「日本詞+英詞」の歌詞の話な。

    例えば尾崎豊氏の「I  LOVE  YOU」で考えてみると


    「I  love  you 今だけは悲しい歌 聞きたくないよ」

    って歌詞も

    「愛してる 今だけは悲しい歌 聞きたくないよ」

    だと語呂も悪いしストレートすぎるし
    やはり「I  love  you」の方が格好がつくワケだ。

    で。

    「英語にすると格好良い」ってのを前提に、この先の話を読んでくれ。


    「何でもないような事が幸せだったと思う」

    THEコブタツの「ロード」って曲の歌詞なんだが
    これをこうするとどうだろう?

    「何でもないような事がHappinessだったと思う」

    ワカった?「英語=格好良い」ってのが「まやかし」だって。

    口に出して歌ってみなよ。
    「何でもないような事がHappinessだったと思う」って。

    大事なところを英語にしたことで
    「ロード」が急に「道路」な感じになったろ?

    そういう、おかしなことにならないために
    下り坂の曲の歌詞は基本「日本語のみ」ってことにしてんだよ。

    って、そういうことで日本語のみにしてんの?
    そんな理由あったかなぁ〜。。。?

    それはともかく、みんな騙されてはイケナイよ。
    「英語=格好良い」ではないからな。

    はぁ〜。。。。。

    久しぶりにミュージシャンらしいことを書いたぜ!!

    ということで、暫くミュージシャンらしいことは書かないから
    今回の記事は、しっかり味わって読むようにな。


    ヒロPO。。。ヒちょぱ

    - | 22:27 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://dondon.qudalizaka.com/trackback/2561
    トラックバック