下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< ヒちょぱが会いたい人 | TOP | 時間の支配者 >>
チャレンジャー故に
0

    後ろには動かせるんだけどなぁ〜。。。。。
    どうやったら前に動かせるようになるんだろう?

    って、なんの話かって?
    耳の話だ。

    耳が動かせない人なんて居ないと思うが
    もし、耳が動かせないって人が居るなら
    それはあまり人に話さない方がいいぞ。

    「あ、この人。生物学的に劣だ。」って思われるから。

    こんな話を書いてるくらいだから、当然オレは耳を動かせるんだが
    どうやっても、他の動物たちの様に「前」に動かすことが出来ねーんだよ。

    まぁ、動物たちの場合、前後どころか
    いろんな方向に耳が動くんだけどな。

    流石にそこまで動かせるようになるとは思ってないし
    そこまで動かそうとも思ってないんだが
    せめて「前後」くらいは動かせるようになりたいんだよ。

    しかし、どうやっても前に動かない。
    どれだけ顔を動かしても、耳は前に動かない。

    悩ましい!!

    ところで、1コ前の記事を読んだワイフが
    「ヒちょぱってなに?みちょぱ的なヤツ?」って言うんだけど
    それ以外なんかあんのかよ?

    みちょぱ的にヒちょぱ以外になんかあんのかよ?

    なんか巷じゃ「みちょぱ」なるものが
    若いおなごにヤンヤヤンヤ言われてるらしいから
    それにあやかって「ヒちょぱ」を名乗っただけだ。

    ちょっとあやかっただけで若いおなごにヤンヤヤンヤ言われるんだから
    あやからない方がどうかしてるだろ?

    耳が動かないのと同じくらい、どうかしてるだろ?

    まぁ、あやかってみたものの
    それで若いおなごにヤンヤヤンヤ言われるかは疑わしいところだがな。

    それでもオレはやらずに諦めるより
    やって現実を知る方を選ぶ男の中の男の中のお琴の中だからな。

    チャレンジャーなんだよ、根っからの。

    だから、耳だって前後に動くようになるまでやってみるさ。
    やって出来るようになったら野生に帰るさ。

    「耳が前後に動く」ってだけで
    野生で生きていけるような気がするからな。

    恐らく、耳が前後に動くってだけじゃ
    野生で生きてくってことのスタートラインにすら立ってねーんだろうが
    それでも帰らずにはいられない。

    なにしろオレはチャレンジャーだからな。

    きっとワイフもワカってくれるだろう。
    「思った以上にバカだったんだ。」って。

    いつの時代でもチャレンジャーってヤツは
    後ろ指を差されるもんさ。。。。。

    それでもオレはやる!!
    飽きたらやめる!!

    とりあえず、風呂でしっとりしながら
    耳を前後に動かす練習をしてくる。

    目指せ!!
    生物学的優!!


    ヒちょぱ

    - | 23:10 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://dondon.qudalizaka.com/trackback/2559
    トラックバック