下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< 「ここ」はどこ? | TOP | 命じる!! >>
新たな価値を
0

    ノートルダム大聖堂が燃えちゃったじゃん?

    日本でいうと「東大寺」とか「法隆寺」が燃えちゃったって感じか?
    そう考えると「エライこと」なんだが。。。。。

    だとして、どうした!!

    ノートルダム大聖堂はおよそ800年前に建築され
    世界遺産にもなっており、歴史的、宗教的価値は計り知れないんだろうが
    だとして、どうした!!

    もちろん歴史的、宗教的に価値あるものが失われたことは残念であり
    2度と戻ることはないのだが、本当に大事なものは失われてないんだから
    あまり悲観することもないと思うワケだよ。

    ノートルダム大聖堂が燃えたことを悲しむ人々をTVで観て

    「悲しむということは、それだけそれを大切に思ってた証だ。」

    「大切に思うということは、その対象が物であれ人であれ
     そのものに対して愛情を持っているということだ。」

    「重要なことは、対象物が無くなろうとも
     大切に思う心(愛情)を失わず生きることだ。」

    とオレは思ったね。

    たとえノートルダム大聖堂が焼け落ちようとも
    そこに集う人々の信仰が失われることはないだろう。

    大事なのはノートルダム大聖堂ではなく
    そこに集う人々の「心」だとオレは思うぞ。

    今回、ノートルダム大聖堂は燃えてしまい
    800年という歴史の歩みを一時止めることになってしまったが
    再建された後、1000年先の人々に愛されるノートルダム大聖堂になるだろ。

    間違いねーよ。

    物は燃えても心は燃えぬ。

    知らねーけど、そんな感じなんじゃねーの?
    人類の営みって。

    形あるものは、いつかは無くなるんだよ。

    確かに火災で「800年の価値」は無くなってしまったかも知れないが
    1000年後の人々が、今現在の人々が作った物に価値を見出せばいいだけだ。

    1000年の価値を、な。

    800年間脈々と受け継いできたんじゃねーか。
    再建して、これからまた1000年先まで受け継いできゃいいじゃん。

    今まで繋がってきたんだ。
    これからも繋がってくよ。

    そう思った方が良いよ。
    無くなっちゃったもんは無くなっちゃったんだから。

    まぁ、オレなんかは大切にしてるもんが無くなったら
    スゲーくよくよするけどな。

    自慢じゃねーけど。

    つーか、今回は割とまともなことを書いてると思うけど
    今オレ「パンツ1丁」だからな。

    自慢じゃねーけど。

    パンツ1丁ついでに風呂でも入ぇってくらぁ〜♪


    ヒロPOM

    - | 21:52 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://dondon.qudalizaka.com/trackback/2500
    トラックバック