下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< 晴れのち腫れ | TOP | 誰か教えて >>
誤用してませんか?
0

    「言葉って難しいなぁ〜。。。」っていつも思うんだよね。

    これだけブログを続けてても「なにが正解か?」ってワカってねーし
    他人のブログを見ることもほぼ無いから、余計ワカんねーんだよね。

    ブログの内容はともかく、最初に書いた通り
    「言葉って難しいなぁ〜。。。」ってのは常に思ってんだよ。

    言葉のチョイスとか表現とか。

    出来るだけ気をつけてはいるんだが
    意味を勘違いして使ってる言葉とかもあるだろうし。

    みんなもそういうことあるんじゃねーか?

    例えば「アダルトチルドレン」とか。

    アメリカで生まれた言葉で、元々はアルコール依存に関連する言葉なんだけど
    まぁ、アダルトチルドレンがどういった内容なのかは各々調べてもらうとして
    この言葉が往々にして間違った使われ方をしてるのを目にするし。

    たぶん、この「アダルトチルドレン」が間違った使い方をされるのは
    日本語に「とっちゃん坊や」って言葉があるからだと思うんだよね。

    「アダルトチルドレン=大人こども」
    「とっちゃん坊や=大人こども」

    って感じで「=」の意味合いで使っちゃうんだろうな。

    アダルトチルドレンもとっちゃん坊やも
    「大人こども」と直訳出来るから。

    で。

    アダルトチルドレンを「大人になりきれない大人」や「こどもじみた大人」
    というニュアンスで使う人が多いんだが、これは間違い。

    上に書いた通り、アダルトチルドレンはアルコール依存関連の言葉であって
    「大人になりきれない大人」や「こどもじみた大人」を指す言葉じゃないから。

    「大人になりきれない大人」や「こどもじみた大人」の場合
    とっちゃん坊やが正解だから。

    「大人になりきれない」とか「こどもじみた」とか
    決して「少年のよう」みたいに良い意味ではなく
    あくまでも「大人になれないダメな人」って意味で使う。

    それが「とっちゃん坊や」だ。

    以前「報道ステーション」で古館氏が間違った意味で「アダルトチルドレン」を使い
    苦情が来て謝罪したこともあったからな。


    それから「確信犯」も本来の意味とは違う意味合いで使われることが多いな。

    一般的に「確信犯」て、平たく言うと「狙って行動してるヤツ」
    詳しく言うと、私利私欲のために自分の思った通りの結果になるよう
    「意図的に」または「悪意をもって」発言や行動する者に対して使われてるけど
    確信犯てそういうことじゃないからな。

    「確信犯」とは自らの思想、信念に基づく行動が
    法に反する(犯罪である)ことを理解しながらも
    尚、自らの政治的、宗教的正義は「法を超えるものである」という確信を持って
    行動(犯罪)を起こす者って意味だから。

    本来の「確信犯」という意味で考えると
    そういう人はそうそう周りにいないと思うぞ。

    今回は2つほど例を挙げたが
    他にも意味を勘違いして使ってる言葉が多々あると思うよ。

    しかも、基本そういう言葉は「間違って使ってる」って思ってないから
    敢えて調べることもないだろうし、ズーーーッと間違って使っちゃうんだよ。

    まぁ言語学者でもない限り、言葉の間違いにあまり目くじらを立てる必要もないし
    そんな神経質になる必要もないんだが、古館氏の様に謝罪することになったり
    自分の考えとは違う意味合いで相手に物事が伝わっちゃったりするから
    知らないよりは知ってる方が良いと思うワケね。

    言葉ってヤツは。

    オレのブログは内容はともかく、言葉のチョイスや表現は
    正直、プロのライター並に気を使ってると思うよ。

    なにしろオレは
    アマの中のアマの中のアマの中からプロのお尻が見えてますブロガーだから。

    「能ある鷹は爪隠す」的意味合いで間違って「頭隠して尻隠さず」を使っちゃった
    ちょっと恥ずかしい感じの表現だ。

    「アマの中のアマの中のアマの中からプロのお尻が見えてます」は。

    ワカり易い誤用でオレのブログのスタンスを表現してみたぜ!!

    あ、この記事急に飽きてきたからもうやめるな。

    じゃ、またな。


    ヒロPOM

    - | 00:02 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://dondon.qudalizaka.com/trackback/2469
    トラックバック