下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< それらしい話 1 | TOP | それらしい話 3 >>
それらしい話 2
0

    「それらしい話 1」からの続き


    今でこそ、ネットや情報メディアが発達してっから
    各国の偉い人や有名な科学者等、一般人でも知り得るが
    それでも、いきなりアメリカに行って大統領には会えないだろ?

    要人に会うために、まず要人ではない人とのコンタクトが必要だろ?

    要するに、要人にパイプがある人とのコンタクトが必要で
    もっというと、パイプがある人とパイプがある人からって話だったりすんだろ?

    要人と会うための取っ掛かりが要人とどれくらい離れてるか?
    実はそこって1番ワカり難い部分だろ?

    「ジャニーズに知り合いがいる」って言ってる人が
    実はジャニーズに所属してる子のお姉ちゃんの友達の友達みたいな。

    世の中には自分を大きくみせようと
    必死に「誰それの知り合い」って言う人がいるからな。

    宇宙人は何処の?誰を?介して要人に辿り着いたか?
    辿り着くまでには信用出来ないような人間がいるかも知れないじゃん?

    つーか、絶対いるよ。
    人の口に戸は立てられぬって言うからな。

    故に、本当に宇宙人がいるならもっといろんな情報が漏洩してると思うワケだ。

    いや、そもそも壁画に描かれてるのがUFOだったとしたら
    それこそ現在に至るまで、相当な情報が蓄積されてて
    口の軽いヤツがかなりの情報を漏洩させてると思うんだよね。

    政府が回収出来ないほどの情報をな。

    「高度な文明」にしろ、「要人だけが知っている」にしろ
    イメージっつーか想像だろ?

    なんかUFOの性能が「凄い!!」ってイメージだったり
    地球外の知性とのコンタクトは「限られた者だけ」だったりで
    たいてい「重要な部分」が抜け落ちてんだよね。

    まるで「キセル乗車」みたいに。
    こういうのを「キセル理論」て言うのか?

    知らねーけど。

    強調したい部分、主張したい部分だけは
    やたらに話が練られてんだけど
    それ以外の部分は必要以上にあやふやだったり
    ヘタに指摘するとキレ出したり。

    そうなると、最早UFOや宇宙人がアンタッチャブルなのか?
    それともキセル理論がアンタッチャブルなのか?
    ワカらん話になってくるし。

    とはいえ、そういった部分の議論こそ
    この手の話の醍醐味だったりすんだけどね。


    次回に続く。


    ヒロPOM

    - | 19:56 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://dondon.qudalizaka.com/trackback/2459
    トラックバック