下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< 1番良いこと | TOP | しつこく縄文 >>
いかがわしくないよ♪
0

    なんかゴメン。。。。。

    1度も日本から出たことないのに
    なんだかネイティブアメリカンでゴメン。

    なんか山に篭ったり、外界から隔離された場所で修行したり
    そういうことしないと悟りを開けない人にも申し訳ない。

    ネイティブアメリカン(インディアン)の格言、名言を見たんだけど
    オレは誰に教わるでもなく、彼らの思想に通じる考え方と
    生き方をしてるんだよ。

    ネイティブアメリカンが永い永い営みの中で至ったであろう境地に
    汚ねぇ都会の片隅でその境地に至ったんだよ、オレは。

    そしたらなんか申し訳ない気持ちになっちゃってな。。。。。

    本心じゃねーけど。

    まぁ、オレの場合「ネイティブアメリカン」じゃなくて
    「縄文イズム」なんだけどな。

    縄文時代って1万年の長きに渡って続いてたんだぞ?
    1万年だよ?

    そんだけ長い間続くって、心が成熟してなきゃ無理だろ?

    きっと人類は永い時をかけ、未熟になってったんだよ。
    間違いねーよ。

    人類の精神のピークは縄文時代で
    そこからどんどん腐ってったんじゃねーの?

    心ってもんを植物に例えると、まずサルから人類になった時
    心が芽吹き、他の動物達と違う存在になったんだよ。

    で、縄文に至るまでの永い年月のうち
    芽吹いた心は少しずつ成長し木になった。

    やがて、その木には花が咲き、果実が実る。

    縄文の1万年間、人類の心は成熟した樹木として
    大地に根を張り、人類と自然は見事に調和し
    ゆるやかに、穏やかに時を過ごしたんだよ。

    しかし、縄文の終わりと同時に樹木は実を落とし、葉を落とし
    枝は枯れ、更に幹も腐り始め、かろうじて今は根が残ってるだけ。

    そんだけ。
    今の人類はそんだけ。

    だから今の人類は、人の心の「根」にある良心を信じ、求め
    そこだけを頼りに生きてんだよ。

    しかし、まだ根が残ってっからな。

    その根を再生させるか?
    そのまま腐らせるか?

    もし、再生を望むなら縄文から学ぶと良いぞ。
    なにしろ「縄文1万年」の実績があるからな。

    でも、今の人類が縄文に戻ることはねーんだろうなぁ〜。。。。。
    なにしろ欲張りだから。

    それに、縄文も終わってるしな。

    ただ「終わった原因」さえワカれば、それに対処すればいいだけだし
    そしたら「ネオ縄文」は無敵の文化になると思うぜ♪

    まぁ、こんな時代だからこそ「ネイティブアメリカン」や「縄文」
    それから「ヒロPOイズム」に大いに学ぶべきなんじゃないか?

    根が腐りきる前にな。

    あ。

    こういうこと書いてっと、オレがなんかいかがわしい事を始めるみてーだな。
    別にいかがわしいことなんか始める気なんか無ぇ〜からな。

    オレはただ、迷える子羊たちがオレの元に集って
    少しお金的なものをくれたら良いなぁ〜。。。って思ってるだけだから。

    あ。

    それが「いかがわしい」のか♪

    テヘペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ。。。。。♪


    ヒロPOM

    - | 00:11 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://dondon.qudalizaka.com/trackback/2387
    トラックバック