下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< 円滑にね♪ | TOP | 何故?言わない? >>
乳首から豆乳
0

    「お前はオレと湯葉とどっちの味方なんだよ!!」

    ってワイフを問いただしたら「湯葉」って言われた!!

    湯葉に負けた!!
    人が湯葉に負けた!!

    間違えた!!

    妖精が湯葉に負けた!!
    歴史的瞬間だ!!

    オレが妖精だとか、そういうことは抜きにして
    「生きとし生けるもの」が負けちゃいけない相手だろ?

    湯葉って。

    つーか、本来「相手」にすべき物でもないだろ?

    湯葉って。

    負けちゃいけない、相手にすべきでない物に負ける。。。。。
    そういう「独創的」な存在なんだよ、オレは。。。。。

    つーか、ワイフはどんな気持ちでオレではなく湯葉を選んだんだよ?
    オレより湯葉の味方をするとか。。。。。

    じゃあ。。。。。湯葉と結婚しろ!!

    今更ながら湯葉と結婚しろ!!
    湯葉と2人で婚姻届を持って役所に行け!!

    オレはオレで豆腐と再婚する!!
    豆腐と2人で婚姻届を持って役所に行ってやる!!
    そして乳首から豆乳を噴出してやる!!

    つーか、不思議なもんだよね。

    中途半端に相手になりうるものに負けっと、なんか悔しいけど
    あまりにもかけ離れた存在に負けっと、あんま悔しくねーんだよ。

    あぁ。。。ちっとも悔しくないね!!

    確かに湯葉って美味いし、味では完全にオレが負けてると思うから。
    オレの酸味と苦味が複雑に絡み合った味じゃ勝てねーわ。

    湯葉に。

    しかし「湯葉に負けた」っつーのは釈然としねーから
    なんとか一矢報いてやろうと思って考えた。

    そして思いついた。
    オレはこれからワイフのことを「湯葉婆(ゆばあば)」って呼んでやる!!

    ざまあみろ!!

    湯葉の味方をするってことは、オレを敵に回すってことだからな。
    これから酷いあだ名をいっぱい付けてやる!!

    ざまあみろ!!


    ヒロPOM

    - | 00:06 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://dondon.qudalizaka.com/trackback/2332
    トラックバック