下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< 心配しろよ | TOP | ロスってます >>
2人を信じろ
0

    藤岡弘氏と照英君はなにやってんの?
    どうして行ってないの?

    アメリカ、イギリスのレスキュー隊は既に現地に行ってるのに
    なんで藤岡氏と照英君はまだ行ってないの?

    今日、報道番組を観てて「どうした!!」って思ったね。

    もちろん、藤岡氏と照英君だけじゃなく
    日本のレスキューも要請があれば行くんだろうけど
    やっぱ最後はこの2人しかいねーと思うんだよ。

    ああいうのはね、専門家とかじゃなく
    そういう場所や過酷な状況が好きな人の方が
    力を発揮すると思うからな。

    つーことで、早いとこタイに行って
    洞窟に閉じ込められた13人を救出してやれよ。

    藤岡氏!!
    照英君!!

    専門家じゃねーけど、専門分野だろ!!

    冗談抜きで、専門家は知識があり過ぎるせいで
    かえって二の足を踏んじゃったりすっけど
    藤岡、照英の両名は専門家ではないが故の
    間違った正しい判断が出来るハズだ。

    「結果オーライ」みたいな?
    オレはそこに賭けたいんだよ。

    実際、専門のレスキューは「危険」と判断して
    救助活動が出来ずにいるし。

    オレは「危険」と判断出来ず、軽装で救出に向かう2人が見たい!!
    しかも、ちゃんと救出するんだよ!!

    スゲーじゃねーか!!

    照英君はどうか知らねーが、藤岡氏のギャランティは
    ステンレスボトルから注いだ一杯の熱いコーヒーで良いんだからな。

    SAMURAI JAPAN!!

    この言葉は藤岡氏のためにある言葉なんだよ。

    現地、アメリカ、イギリスのレスキューじゃどうにもなんねーなら
    ダメ元で2人に依頼するという選択もあると思うぞ。

    とにかく、一刻を争う事態なんだから
    どんな可能性でも否定せず、全力で救出してやれ!!

    日本でこんなことがあったら、すぐ「自己責任」とか言うんだろうが
    そんなこと言われなくても本人たちが今、身をもって痛感してんだろ?

    10日も極わずかな食料と飲み物でギリギリ生き延びてんだから
    自分達のとった行動のツケは嫌ってほど味わってるはずだし。

    責任の所在はひとまず置いといて、まずは救助が先だ。

    ただ、救助に向かった人が二次災害に遭う可能性もあるから
    そこは慎重にやらなきゃならんが、時間は待ってくれねーし
    出来るだけ速やかに救助してあげないと。

    その点、藤岡、照英の両名に関しては「二次災害」は無いから安心だ。
    何故なら、彼らは「行きたくてしょうがないから」だ。

    彼らの身に起こるのは「二次災害」ではなく「自己災難」だからな。

    行きたくて行って、困難に立ち向かったけどダメだった。
    これは二次災害じゃなくて自己災難だろ?

    もし、そこに「責任」というものがあるとすれば
    「人を惹きつけ魅了する大自然が悪い」ってことじゃね?

    だいたい現地タイでは、まだ救出もされてない現時点で
    この洞窟を「観光名所に」なんて話が出てるくらいだからな。

    責任どうこうより「利益」ってことなんだろ。

    そういう感覚の良い悪いは別として
    「スゲーな」って思うぞ。

    それよりも、各国のプロダイバーやレスキューが救出出来ないのに
    たった2人で救出する藤岡氏と照英君も「スゲーな」って思うぞ。

    もう、2人は「洞窟観光大使」決定!!

    つーことで、皆も2人の動向に注目してみてね。

    つーか、本当はこの記事アップすんのは「不謹慎かな」と思ったんだが
    現地が「観光名所に」なんて言ってんだもん。。。。。

    一応「救出作戦」を提案してんだし
    こんくらい書いても差し支えねーだろ?


    ヒロPOM

    - | 23:25 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://dondon.qudalizaka.com/trackback/2298
    トラックバック