下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< 渡辺直美の秘密 | TOP | 感謝すべき相手 >>
してる、してない
0

    物が無くなったり、どっかに手足をぶつけて痛かったり
    そういうことがあるとオレは必ずワイフにこう言うんだよ。

    「2人しかいなくてオレのせいじゃないのに物が無くなった!!」
    「2人しかいなくてオレのせいじゃないのに痛い思いをした!!」

    ってな。

    そういうとワイフはこう言うんだよ。

    「2人しかいなくて自分のせいじゃないって言ったら
     私のせいみたいじゃん!!」

    「私なにもしてないじゃん!!」

    ってな。

    「私なにもしてない。」って。。。。。

    ワイフはいつもそういうからオレは言ってやるんだよ。

    「なにもしてないのは、なにかしてんのとイコールなんだよ!!」

    ってな。

    え?

    なにもしてないのに、なにかしてんのとイコールっていう
    意味がワカんないと?

    はい。

    じゃあ、そういうワカらず屋なみなさんに質問しまーす。

    目の前で溺れてる人がいたとします。
    救助を試みるでもなく、消防や警察に通報するでもなく
    なにもせず行ってしまったとしたら?

    それは「なにもしなかった」ではなく
    「見殺しにした」ということになりませんか?

    物事は一方で「なにもしてない」としても
    一方で「なにかしてる」ということになるんだよ。

    そうじゃない?

    オレが物をなくす前に仕舞っといてくれるとか
    定期的に「あれはちゃんとあるの?」って確認してくれるとか
    そういう対策を講じてくれてれば
    オレは物を無くさずに済んだかも知れないじゃん?

    オレが柱に足の指をぶつけて痛い思いをする前に
    「柱に注意して!!」って言ってくれれば
    オレは痛い思いをしなくて済んだかも知れないじゃん?

    ワイフは「なにもしてない」って言ってっけど
    オレからしたら、オレを見殺しに「してる」んだよ。

    世間じゃオレの言い分を「言いがかり」って言うんだろうけど
    オレにはオレの理屈があるからな。

    そこは譲れない!!

    ゆずゆず譲れない!!

    つーことで、「自分はなにもしていない」と思ってても
    結果として「なにかをしている」場合があるから
    物事を一方の視点で見ないように気をつけたまへよ。

    場合によっては人から恨まれたりするからな。

    物事は「宇宙」そして「視点」
    平たく言えば「宇宙視点」で見た方が良いぞ。

    オレからのナイスアドヴァイスだ。


    ヒロPOM

    - | 02:38 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://dondon.qudalizaka.com/trackback/2290
    トラックバック