下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< 産声をあげ訴える | TOP | ダメだなぁ〜。。。 >>
日常のひとコマ
0

    横断歩道を渡ろうとしてる、小学校低学年と思われる2人の男児。
    そこへ丁度、車がやって来る。

    車を気にかけて渡ることを躊躇う小学生。
    小学生を気にかけて”ジッ”と停止する車。

    お互い「譲り合う心」で動きが取れない横断歩道。

    ろくでもねぇ運転手なら、小学生を待たせて通過すんだろうが
    ちゃんとした運転手だったから、手振りで「どうぞ。」と小学生を促す。

    つーか。

    横断歩道を渡ろうとしてる歩行者がいるのに
    時々、一時停止すらせずに通過する車がいるんだけど
    あれってなんなの?

    危ねーよ。

    話を戻すが「どうぞ。」と譲ってもらった小学生の会話。

    ひとりが「お言葉に甘えて、渡らせてもらおう。」と言うと
    もうひとりが運転手に「ありがとうございます。」と言って
    手を上げて横断歩道を渡ってったのな。

    ろくでもねぇ大人のニュースばっかやってっけど
    ヘタな大人より、よっぽどちゃんとしてるよ!!

    つーか、微笑ましいよな♪

    手振りで「どうぞ。」ってやってんのに「お言葉に甘えて。」って♪

    こどもだから言葉の使い方なんてどうでもいいんだよ。
    気持ちの問題として「ちゃんとしてるな」って思ったよ。

    きっと親御さんがちゃんとしてんだろうな。

    車側にしても、最近「煽り運転」だの
    ドライバーのマナーの問題が取り沙汰されてるが
    ちゃんとしてるドライバーもいるし
    まだまだ「世の中捨てたもんじゃねーな。」って思ったね。

    思ったね。

    TVじゃホントろくでもねぇ大人のことばっかやってっから
    オレはちゃんとした大人と微笑ましいこどもの話を書くことにしたんだよ♪

    悪くないだろ♪


    ヒロPOM

    - | 00:00 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://dondon.qudalizaka.com/trackback/2278
    トラックバック