下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
心を届けたい
0

    ビックリした!!
    あぁ〜。。。。。ビックリした!!

    急にパソコムの電源が入らなくなったからビックリした!!

    でも「まごの手」を振りかざして
    「エクスペクト・パトローナム!!」言ったら直った♪

    やっぱ魔法って便利だよねぇ〜。。。♪

    つーか、電源が入らないとか「パソコン依存症」の人だったら
    相当焦るんじゃねーか?

    あとはスマホ依存症の人だったら
    いきなりスマホが壊れるとか。

    その点、オレは「依存パソコン症」だからノープロブレム♪

    ちなみに「依存パソコン症」とは
    パソコンが所有者に依存してしまうという症状だ。

    「オレ」ではなく「パソコン」が起こす症状な。

    これを読んでるみんなは「依存パソコン症」は
    オレがなにか症状を起こしたことによる妄想だって思ってんだろうけどな。

    まぁ、どうとでも好きに思ってくれ。
    オレもどうとでも好きに妄想するさ。

    そんなことより、オレは今「テガミバチ」を観るので忙しいんだよ。

    テガミバチを観るのは2回目なんだが
    やっぱ、面白いもんは何度観ても面白いな。

    ということで。。。。。

    只今「ディンゴ」を絶賛募集中!!

    「ディンゴ」がワカらない人は是非、テガミバチを観てください。

    「ディンゴ」を理解した上で応募してね♪
    そして、オレと一緒に「不幸の手紙」を届けましょう♪


    ヒロPOM

    - | 00:26 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    そんだけの話
    0

      今TVで錦織くんの試合をやってんだけど
      それを観ながらワイフに
      「エアKの『K』はキ○タマのKなんだぜ。」って言ったら
      「最低だな。」って言われた。

      「最高」なのに。。。「最低だな。」って言われた!!

      オレの心は浅く傷付いた。。。。。

      で。

      その後、鼻歌で
      「緑の中を走り抜けてく真紅な尾木ママ♪」って歌ったら
      「気持ち悪いなぁ〜。。。」って言われた。

      「気持ち悪い」のに「気持ち悪いなぁ〜。。。」って言われた!!

      あ!!合ってんじゃん♪

      まぁ。。。そんだけの話だ♪

      じゃあ寝るな。


      ヒロPOM

      - | 01:11 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      海外と外国は違う!!
      0

        それにしても効くなぁ〜。。。。。エアコン。

        先日の日曜に明治初期なら大豪邸が建つほどの金をかけて
        業者さんに掃除してもらったからな♪

        お陰で「暖房でもキンキンに冷えるんじゃね?」ってくらい
        エアコンが効くようになった♪

        まぁ、暖房でキンキンに冷えたら故障なんだけどな。

        それより、ビックリするくらいエアコンと関係ない話なんだけど
        みんな「海外」って行ったことある?

        オレはあるよ。

        「外国」には行ったことないけど「海外」には行ったことあるぞ。

        海外は良いぞぉ〜。。。パスポートとかいらないから♪

        あ?言ってる意味がワカらんと?
        もう。。。。。

        もうっ!!

        大島だよ!!
        大島!!

        オレが「行ったことある」っていう海外は
        大島のことだよ!!

        海の外にあんだろ?
        海外じゃん。

        八丈島も三宅島も新島も海外だから。

        「日本領海外」だったら行ったことはないが
        単純に「海外」だったら行ったことあるから。

        みんなが言う「海外」って「外国」のことなんだろ?

        今日TVショーで観た
        「グァム」やら「サイパン」やらで取材されてた日本人が

        「近場で海外だったら、やっぱりグァムが良いですね。」

        みたいなこと言ってたんだけど、それは違うね。

        決して「負け惜しみ」ではなく、むしろ「勝ち惜しまない」で言わせてもらうが
        彼らは「外国」に行ってるんであって、海外なら大島だって海外だ。

        オレは海外渡航暦アリ!!

        「グァムの海は綺麗」だって?

        いやいや。。。。。

        別にグァムに行かなくたって、オレの澄んだ瞳に映る世界は
        常に美しいから。

        つーか、オレがグァムに行ったら
        オレの美しさでグァムの景色が霞んじゃうしな。

        だいたい、心が汚れてっから
        海だのの景色に美しさを求めるんだよ。

        オレなんか心が綺麗だから
        自分の心の景色を眺めてれば、それで感動出来っから。

        ホント、ため息が出ちゃうよ。
        自分の心の景色の美しさに。

        マジで「負け惜しみ」じゃなくて「勝ち惜しまない」だから。

        それにビックリだろ?

        エアコンの話から入って、オレの心の景色の話になってんだぜ?
        もう、この感覚が急転直下のアドヴェンチャーワールドじゃん?
        ミラクル・ヒロPO。。。ミラクル・ヒちょぱワールドじゃん?

        あぁ。。。もう「ヒちょぱ」飽きた。
        今回で「ヒちょぱ」を引退すんな。

        ヒちょぱを名乗ってみたものの
        全然、若いおなごにヤンヤヤンヤ言われねーんだもん。

        つーことで、次回からはまた「ヒロPOM」として記事を書くな。


        ラスト・ヒちょぱ

        - | 23:33 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        英語イコール
        0

          みんなも知っての通り、オレはボーカリストなんだが
          歌うだけに止まらず、作詞作曲などもすんのな。

          素敵だろ。。。。。

          で、そんな作詞作曲もしてしまう素敵なオレが
          今日「作詞」について、ひとつ気付いたことがあってな。

          よく「日本語と英語」を混ぜた歌詞があるだろ?

          もっというと「強調したい部分」や「格好つけたい部分」の歌詞を
          あえて英語にするってヤツな。

          まぁ、英語にした方が語呂が良かったり
          日本語だと照れ臭かったりで英語にすることもあるだろう。

          要するに「英語にすると格好良くなる」ってのが根底にあるんだろうが
          いずれにしても「日本詞+英詞」の歌詞の話な。

          例えば尾崎豊氏の「I  LOVE  YOU」で考えてみると


          「I  love  you 今だけは悲しい歌 聞きたくないよ」

          って歌詞も

          「愛してる 今だけは悲しい歌 聞きたくないよ」

          だと語呂も悪いしストレートすぎるし
          やはり「I  love  you」の方が格好がつくワケだ。

          で。

          「英語にすると格好良い」ってのを前提に、この先の話を読んでくれ。


          「何でもないような事が幸せだったと思う」

          THEコブタツの「ロード」って曲の歌詞なんだが
          これをこうするとどうだろう?

          「何でもないような事がHappinessだったと思う」

          ワカった?「英語=格好良い」ってのが「まやかし」だって。

          口に出して歌ってみなよ。
          「何でもないような事がHappinessだったと思う」って。

          大事なところを英語にしたことで
          「ロード」が急に「道路」な感じになったろ?

          そういう、おかしなことにならないために
          下り坂の曲の歌詞は基本「日本語のみ」ってことにしてんだよ。

          って、そういうことで日本語のみにしてんの?
          そんな理由あったかなぁ〜。。。?

          それはともかく、みんな騙されてはイケナイよ。
          「英語=格好良い」ではないからな。

          はぁ〜。。。。。

          久しぶりにミュージシャンらしいことを書いたぜ!!

          ということで、暫くミュージシャンらしいことは書かないから
          今回の記事は、しっかり味わって読むようにな。


          ヒロPO。。。ヒちょぱ

          - | 22:27 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          時間の支配者
          0

            あぁ。。。もう。。。。
            オレは今スゲー腹が減ってんだよ!!

            あ?今は腹減ってねーよ。
            12時間前のオレの苛立ちを今吐き出しただけだ。

            ひとり時間差吐き出しだ。

            12時間前は仕事中だし、苛立ってる場合じゃなかったからな。
            が、今はあの頃の思いを吐き出してもいいんじゃねーかと思ってな。

            「あの頃」って言っても12時間前の話だけどな。

            まぁ、今ここでオレが苛立ちを吐き出したことで
            12時間前のオレも報われたんじゃねーか?

            それより聞いてくれよ!!
            そして、聞いた上で答えてくれよ!!
            今日、仕事中になぞなぞを思いついたんだよ!!

            なぞなーにゃ!!

            では、なぞなぞです。
            寿命!!

            「取れば取るほど減っていくものな〜〜んだ?」

            ワカった?
            答えワカった?
            問題の前に答え書いといたけどワカった?

            そう!!
            正解は寿命!!

            歳を取れば取るほど寿命は減ってくだろ?

            問題を出す前に答えを出す。。。。。ひとり時間差差し出しだ!!

            別に後からやるだけが時間差じゃねーから。

            先に答えを出す。
            これも立派な時間差だ。

            オレは今、誰よりも時間を楽しみ
            そして時間を支配してるぜ。。。。。

            好きなように時間を後にも先にも出来る!!
            オレは遂にここまで来たぜ!!

            って。

            「ここまで」って、ここが一体何処なのか?
            正直、少し迷子気味だ。

            つーか、ブログの更新なんかしてる場合じゃねーんだよ。

            今オレはトイレにも行かなきゃいけないし
            お風呂にも入らなきゃいけないし、忙しいんだよ。

            つーことで、また時間を支配することにするよ。

            風呂に入りながらトイレですべきことをする!!

            「時間短縮」だ♪


            ヒちょぱ

            - | 22:57 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            チャレンジャー故に
            0

              後ろには動かせるんだけどなぁ〜。。。。。
              どうやったら前に動かせるようになるんだろう?

              って、なんの話かって?
              耳の話だ。

              耳が動かせない人なんて居ないと思うが
              もし、耳が動かせないって人が居るなら
              それはあまり人に話さない方がいいぞ。

              「あ、この人。生物学的に劣だ。」って思われるから。

              こんな話を書いてるくらいだから、当然オレは耳を動かせるんだが
              どうやっても、他の動物たちの様に「前」に動かすことが出来ねーんだよ。

              まぁ、動物たちの場合、前後どころか
              いろんな方向に耳が動くんだけどな。

              流石にそこまで動かせるようになるとは思ってないし
              そこまで動かそうとも思ってないんだが
              せめて「前後」くらいは動かせるようになりたいんだよ。

              しかし、どうやっても前に動かない。
              どれだけ顔を動かしても、耳は前に動かない。

              悩ましい!!

              ところで、1コ前の記事を読んだワイフが
              「ヒちょぱってなに?みちょぱ的なヤツ?」って言うんだけど
              それ以外なんかあんのかよ?

              みちょぱ的にヒちょぱ以外になんかあんのかよ?

              なんか巷じゃ「みちょぱ」なるものが
              若いおなごにヤンヤヤンヤ言われてるらしいから
              それにあやかって「ヒちょぱ」を名乗っただけだ。

              ちょっとあやかっただけで若いおなごにヤンヤヤンヤ言われるんだから
              あやからない方がどうかしてるだろ?

              耳が動かないのと同じくらい、どうかしてるだろ?

              まぁ、あやかってみたものの
              それで若いおなごにヤンヤヤンヤ言われるかは疑わしいところだがな。

              それでもオレはやらずに諦めるより
              やって現実を知る方を選ぶ男の中の男の中のお琴の中だからな。

              チャレンジャーなんだよ、根っからの。

              だから、耳だって前後に動くようになるまでやってみるさ。
              やって出来るようになったら野生に帰るさ。

              「耳が前後に動く」ってだけで
              野生で生きていけるような気がするからな。

              恐らく、耳が前後に動くってだけじゃ
              野生で生きてくってことのスタートラインにすら立ってねーんだろうが
              それでも帰らずにはいられない。

              なにしろオレはチャレンジャーだからな。

              きっとワイフもワカってくれるだろう。
              「思った以上にバカだったんだ。」って。

              いつの時代でもチャレンジャーってヤツは
              後ろ指を差されるもんさ。。。。。

              それでもオレはやる!!
              飽きたらやめる!!

              とりあえず、風呂でしっとりしながら
              耳を前後に動かす練習をしてくる。

              目指せ!!
              生物学的優!!


              ヒちょぱ

              - | 23:10 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              ヒちょぱが会いたい人
              0

                ヒちょぱは今会いたい人がいるんだけど
                これが残念なことに、その人はもうこの世にいないんだよね。

                つい先日。。。いや、違うな。

                先日どころか「ついさっき」
                それも、まばたきを1回したくらいの一瞬前に
                彼は亡くなってしまったんだよね。

                本当に残念だ。

                ほんのチョットだよ?
                ほんの一瞬前まで彼は生きてたんだよ?

                同じ国、同じ時代に生きてたのに、彼に会うことが出来なかった。

                会いたかったなぁ〜。。。。。

                ところで、みんなオレが会いたかった「彼」って誰?って思ってんだろ?

                オレが会いたかった「彼」っていったら
                「画狂老人卍」に決まってんだろ?

                決まってんだろ!!

                葛飾北斎じゃなくて、あくまでも「画狂老人卍」な。

                会いたかったなぁ〜。。。。。

                だいたい考えてみ?
                「画狂老人卍」だよ?

                自ら「画狂老人」て名乗るって「画狂」以前に「狂」だろ?
                「画狂老人=狂老人=狂人」だろ?

                そんな「狂人」実際に会ったら困った爺さんなんだろうが
                それでも会ってみたかったんだよ。

                本当に残念だよ。
                まばたきしてる間に死んじゃうんだもん。

                会いたかったなぁ〜。。。。。画狂老人卍。

                あ?画狂老人卍が死んだのは江戸時代じゃないか?って??

                いやいや。。。はぁ〜?
                なに言ってんの?

                江戸時代なんて、まばたき1回したくらいの一瞬前じゃん?

                オレの体内時計(宇宙視点時計)では
                人類誕生ですらチョット前の出来事だからな。

                そんなオレの体内時計(宇宙視点時計)の感覚だと
                「え?画狂老人卍?さっきまでそこに居たよ。」って感じなんだよ。

                ホント、さっきまでそこに居たのに。。。。。
                会えなかったぁ〜。。。。。

                残念!!

                「葛飾北斎時代」はもちろんのこと
                「画狂老人時代」でも「卍時代」でもダメ。

                あくまでも「画狂老人卍時代」の彼に会いたかった。

                彼に会いに行く時は1冊の本を持って行く予定だったんだよね。

                で、その本を彼に見せて描いてもらうつもりだったんだよ。
                「萌えキャラ」を。

                彼が萌えキャラを見てどう感じるか?
                その感じたものを「浮世絵」にどうフィードバックするか?

                みんなも興味あるだろ?

                浮世絵師葛飾北斎が画狂老人卍時代に描いた萌えキャラ。

                浮世絵師葛飾北斎の時代は終わりを迎え
                画狂老人卍が至った新たな境地。

                人々は画狂老人卍時代に描いた絵をこう呼ぶんだよ。
                「萌え喪絵」と。

                浮世絵から萌え喪絵へ。。。。。

                北斎の絵を愛した人々は、画風が変わったことを大変残念がり
                「北斎は死んだ。」と、皆喪に服したんだよ。

                その喪に服すきっかけとなった絵に対し
                悪意を込めて「萌え喪絵」と呼ぶことにしたんだね。

                江戸っ子は洒落てるね。

                と、オレの「妄想江戸物語」はともかく
                本当に画狂老人卍に会ってみたかった!!

                だって、ぜってぇ〜可笑しい人のはずだから♪

                ついさっきまで、墨田区に居たらしいんだけどなぁ〜。。。。。

                もし、画狂老人卍に会ったことがあるって人が居たら
                どんな人だったのか教えてください。

                情報お待ちしております。


                ヒちょぱ

                - | 20:22 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                お爺さんと綿毛のタンポポ
                0

                  お金が好き!!
                  大好き!!

                  ヤベェ〜。。。みんなの前で告っちゃった♪

                  お金に伝わるかなぁ〜。。。オレの想い。

                  まぁ、伝わってねーから
                  オレの元にお金が集まらないんだろうな。

                  では質問しますが、みんなは「お金」は好きですか?
                  好きだとして、では何故?お金が好きなんですか?
                  欲しい物が買えるからですか?
                  好きな人に「お金がある」ということを
                  自分のセールスポイントとしてアピール出来るからですか?
                  そのためにお金が必要ですか?

                  では、お金で欲を満たせたとして
                  その先にあるものはなんですか?

                  そもそも、なんのために欲を満たすんですか?
                  その欲を満たしたことで笑顔になれますか?

                  欲を満たしても笑顔になれない。
                  でも、欲は満たしたい。
                  目の前の欲を満たしても、欲は次から次へと湧いてくる。

                  生きるために欲を満たすのか?
                  欲を満たすために生きてるのか?
                  そのために「お金」が必要なのか?

                  でも実は「幸せになる」とか「笑顔になる」のに
                  お金なんて必要ねーんだよ。

                  だって、オレお金ねーけど常にハッピーだから♪

                  そんな「常にハッピーなオレ」が

                  お金が好き!!
                  大好き!!

                  って言ってんだから、それは本当に「純粋に好き」ってことだ。

                  「なにかを買うために」とか「なにかをするために」とか
                  そういうことじゃなくて、ただただ。。。お金が好き!!

                  無垢なお金好きだ!!

                  オレのお金好きは、みんなみたいに不純な動機のお金好きとは違うんだよ!!

                  男女の関係で例えてみると
                  みんなのお金好きは「下心あり」の好きで
                  オレのお金好きは「お爺さんと綿毛のタンポポ」の好きだから。

                  人里離れた家に1人で住むノーゼお爺さんは
                  庭先の菜園で採れた野菜と、羊の乳で作ったチーズを売って得た僅かなお金で
                  質素に、それでいて心豊かに暮らしています。

                  雪深い地域に住むノーゼお爺さん。

                  長い冬が明け、草木が芽吹く季節になり
                  動物や虫たちが暖かい日差しの中、命を謳歌する。

                  「命の営み」を微笑みながら見つめるノーゼお爺さん。

                  そんなお爺さんの目に、風に舞うタンポポの綿毛が映る。

                  「ふわぁ〜♪タンポポだぁ〜♪タンポポの綿毛だぁ〜♪」

                  もう止まらない。
                  ウキウキが止まらない。

                  両手を大きく広げ走り出すノーゼお爺さん。

                  老齢のお爺さんがまるで子供の様に大はしゃぎ。
                  お爺さんにつられ、一緒にはしゃぐ羊たち。

                  「無垢とはこういうものだ」
                  「幸せとはこういうものだ」

                  お爺さんと綿毛のタンポポは
                  人の根底にある「なにか大切なもの」を人々に思い出させる。

                  急ぐことなく緩やかに。。。。。その喜びはプライスレス。。。。。

                  それがオレ!!
                  説明が長くなったが、それがオレ!!

                  それがオレとお金の関係!!

                  お爺さんと綿毛のタンポポ。
                  オレとお金。

                  同じ!!

                  つーか「男女の関係で例えると」って言ってんのに
                  オレは「お爺さんと綿毛のタンポポ」って
                  全然、男女の関係じゃねーじゃねーか。

                  それはそうと。。。。。

                  はぁ〜。。。。。

                  オレの元にも綿毛のタンポポのようにお金が飛んでこねーかなぁ〜。。。。。


                  ヒロPOM

                  - | 00:54 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  本当のオレ
                  0

                    こんなこと言うと、みんな「嘘だぁ〜。」って思うだろうし
                    オレ自身「嘘だぁ〜。」って思うんだけど
                    実はこう見えて、オレって意外と人見知りだったりすんだぜ。

                    はい、思った。
                    みんな、思った。
                    そして、心ん中でこう言った。

                    「嘘だぁ〜。」って。

                    まぁ、みんながどう思おうが
                    オレ自身がどう思おうが関係なく
                    オレは「人見知り」なんだよ。

                    ただ、その「人見知り」の時間が「一般的な人見知り」の人より
                    極端に短いとは思うけどな。

                    要するに「人見知り」ってのは初対面の人とかと話すのが苦手だったり
                    馴染みのない人と接するのが苦手だったりするワケだろ?

                    でも、人見知りの人だって時間をかければ
                    他人と打ち解けたり出来るじゃん?

                    その「時間をかければ」の時間がオレは極端に短いって話で
                    打ち解けるまでの時間が短い故に、人見知りに見えないだけなんだよ、オレは。

                    本当は初対面の人に会う時とか
                    ドキドキしちゃってウンコ漏らしそうだったりすんだぞ。

                    ただ「始めまして。」とか「こんにちは。」とか挨拶した瞬間に
                    オレの人見知りは終了してるってことだ。

                    な?

                    実際はウンコ漏らしそうなくらい人見知りなんだけど
                    打ち解ける時間は極端に短いだろ?

                    ワイフや、その他オレと関わった人たちは口をそろえて
                    「ヒロPOMは人見知りじゃない。」って言うんだけど
                    人見知り感が無いほど打ち解けるのが早いってだけで
                    実際はスゲー人見知りなんだよ、オレは。

                    ウンコ漏らしそうになってんだから。

                    まぁ、ウンコは初対面の人に会うとか関係なく
                    ただ歩いてるだけでも漏らしそうになるんだけどな。

                    このブログを始めて8年目になるんだが
                    今更ながら、みんなに知って欲しい。。。。。

                    オレは人見知りだっ!!!!

                    ということで、今後このブログを読む際は

                    「人見知りのヒロPOMが一生懸命『人見知らない』感じで更新してる」

                    っていう認識で読んでくれたまへ。

                    そしたら、なんかオレが頑張ってる感じがするじゃない?
                    適当にのらりくらりと生きてるオレが頑張ってる感じがするじゃない?

                    たまにはみんなに「頑張ってるなぁ。。。」って思ってもらいたいんだよ。
                    頑張ってないのに「頑張ってるなぁ。。。」って思ってもらいたいんだよ。

                    頑張ってないのに「頑張ってるなぁ。。。」って思ってもらえるって
                    なんか得な気がするからな。

                    それはともかく、オレは人見知りなんだよ。

                    みんな「嘘だぁ〜。」って思うだろうし
                    オレ自身「嘘だぁ〜。」って思うんだけど
                    とにかくオレは「人見知り」なんだよ。

                    今日はそれを知らせたかった。。。。。知らしめたかった!!

                    もう満足したから今日はここまでな。

                    じゃーな。


                    ヒロPOM

                    - | 00:00 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    引っ越しの準備
                    0

                      今、ワイフに言われて始めた作業をやってんだよね。
                      これがもう苦痛で苦痛で。。。。。

                      いやね。

                      「下り坂の啓示」を書いてんのは「JUGEM」ってとこのブログなんだけど
                      なんか、JUGEMがいろんなサービスを終了してっから
                      もしかしたら、このブログ自体が終わるんじゃねーかと思ってな。

                      で。

                      そのことをワイフに話したら
                      「今まで書いた記事、全部保存した方がいいよ。」って言うから
                      今「全部保存」の作業をやってんだよ。

                      今まで書いた記事って「2535」もあるんだよ?

                      それを1つずつコピペしてテキストに移して保存してんだけど
                      全然進んでる気がしねーし。。。。。

                      実際、昨日から初めて、まだ2012年の6月10日までしか進んでねーし
                      なんか、この作業をしてっと「罰を与えられてる」気分になるんだよね。

                      まぁ、確かにJUGEMがブログのサービスをいきなり終了して
                      今まで書いた記事が全部無くなるのももったいないしな。

                      つーことで「全部保存」の作業をやってるワケさ。

                      しかし、ガンガン「コピペ&保存」の作業を進めないと
                      今後書く分もあるから、いつまで経っても終わらねーぞ。

                      マジでなんか「罰を与えられてる」気分なんだよなぁ〜。。。。。

                      ちなみに、もしJUGEMがサービスを終了したら
                      他の媒体に今まで書いた記事を一気にアップするつもりだ。

                      オレはやる。。。。。

                      「人類最後のブロガー」になるまで下り坂の啓示を続ける!!

                      そして「ブログの文字数世界一」として
                      ギネスに認定してもらう!!

                      その前にまず「コピペ&保存」だ!!

                      あー。。。。。肩凝ってきた。。。。。


                      ヒロPOM

                      - | 00:07 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                      • 1/255PAGES
                      • >>